アンドロイド(Android)でバックグラウンドでのデータ送受信のモバイルデータ通信量を制御する方法(データセイバー)

アンドロイドでバックグラウンドでのデータ送受信のモバイルデータ通信量を制御する方法(データセイバー)を紹介します。※機種などで画面や設定が違います。ここでは、ZenPad(ZenUI Launcher)を使用。

※注意点 バックグラウンドでのでデータの送受信の停止は一部のアプリのみです。

アンドロイド(Android)でバックグラウンドでのデータ送受信のモバイルデータ通信量を制御する方法(データセイバー)

1、ホーム画面をロングタップ(ホーム画面長押し)をすることで、ホーム画面の設定が表示されます。

ホーム画面

2、ホーム画面の管理が表示されるので、システムの設定を選択します。

システム設定

3、データ使用量を選択します。

データ使用量

4、データセーバーを選択します。

データセーバー

6、ONにデータ使用量を制限します。バックグラウンドでのデータ送受信を停止出来ます。

セーブ