Microsoft Teamsを閉じた際にタスクトレイ上に実行させたままにする・させない方法

シェアする

Microsoft Teamsを閉じた際にタスクトレイ上に実行させたままにする・させない方法を紹介しています。ここでの設定で、アプリを閉じた際に以下のようにタスクトレイに残すか残さないかの設定をすることが可能です。

タスクトレイ

Microsoft Teamsを閉じた際にタスクトレイ上に実行させたままにする・させない方法

1、Teamsを開きます。

teams

2、アイコンを選択すると設定画面が表示されるので、そこをクリックします。

設定

3、設定を選択します。

設定

4、閉じるときに、アプリケーションを実行中のままにするにチェックを入れると、タスクトレイに残り、チェックを外すと閉じると完全に閉じられます。

アプリケーション