Excelで満期利付債の未収利息の計算をする方法(ACCRINTM)

シェアする

Excelで満期利付債の未収利息の計算をする方法を紹介したいと思います。Excel2010で関数を使用します。

Excelで満期利付債の未収利息の計算をする方法(ACCRINTM)

ACCRINTM関数の引数は、発行日・受渡日・利率・額面・基準があります。

※注意点としては、日付はシリアル値を記載しないといけません。セル選択で値を指定する場合は日付でも自動でシリアル値で代入してくれます。

Excelで関数を使用せずに日付のシリアル値を表示する方法

関数

引数について

・発行日 証券の発行日を指定します。
・受渡日 証券の満期日を指定します。
・利率 証券の年利を指定します。
・額面 証券の額面価格を指定します。
・基準 省略可能です。計算に使用する基準日数を示す数値を指定します。基準 基準日数 (月/年)
0 または省略 30 日/360 日 (NASD 方式)
1 実際の日数/実際の日数
2 実際の日数/360 日
3 実際の日数/365 日
4 30 日/360 日 (ヨーロッパ方式)

実際に使用

1、日付の部分はシリアル値でないといけませんが、セル選択から値を代入する場合は日付でも自動でシリアル値へ変換してくれるので、各引数をそのままセル選択で代入していきます。

2、最終的には以下のように、満期利付債の未収利息を計算することが可能です。

値