Excelで数字を引数としてそれに該当する任意の戻り値を返す方法(CHOOSE)

シェアする

ExcelでCHOOSE関数を使用すると、数字を引数としてそれに該当する任意の戻り値を返すことが出来ます。

Excelで数字を引数としてそれに該当する任意の戻り値を返す方法(CHOOSE)

1、CHOOSE関数は、インデックスとなる値を入力して、それに該当する戻り値を値1~値254を設定します。今、1だったら、不合格、2だったら、合格を返すようにしました。

関数

2、実際に使用すると以下のように出来ます。

choose