Excelでエラーのセルを検証チェックする方法

シェアする

Excelでエラーのセルを検証チェックする方法を紹介します。

※ここではExcel2016を使用します。

Excelでエラーのセルを検証チェックする方法

1、数式タブより、エラーチェックを選択します。

エラー

1、エラーになっているセルの情報が表示されるので、計算の過程を表示を選択します。

エラー

2、計算式の結果が表示され、検証を押すと、値がどうかなど検証可能です。ここでは、中の参照部分が正しくないということで、#nameが表示されます。

セル

NAME

関数