Excelで循環参照時に反復計算の回数を変更する方法

シェアする

Excelで循環参照時に反復計算の回数を変更する方法について紹介しています。ここでは、Excel2016を使用。

Excelでの循環参照とは

循環参照時にエラーにさせず参照(計算)させる方法(反復計算)

Excelで循環参照時に反復計算の回数を変更する方法

1、ファイルタブ→オプションを選択

オプション

2、数式→計算方法の設定項目の反復計算を行うにチェックを入れて、最大反復が何回かを指定する場所に、最大反復回数とあるので、そこの値を変更することで反復回数の指定が可能です。

計算

※100回の場合の例

反復計算

3、200回に変更すると。

計算

※値が変わります。

循環参照