Excelのピボットテーブルでエラー値の時の表示を設定する方法

シェアする

Excelのピボットテーブルで、エラー値が入った時に、表示する値を設定できます。エラーの表示をさせたくない場合に有効です。Excel2010を使用。

Excelのピボットテーブルでエラー値の時の表示を設定する方法

1、作成したピボットテーブルをクリックします。

ピボットテーブル

2、するとピボットテーブルツールが参照できるので、オプションを選択します。

オプション

3、エラー値に表示する値の項目をチェックして表示させたい値を入れます。例では0を入れています。

エラー値

エラーの場合

エラーの場合は以下のようになります。

※エラー時のデータ

エラーデータ

※その時のピボットテーブル

エラー

オプションの設定をしている場合

オプション設定した場合(例では0)は、0が表示されます。

修正データ

ピボットテーブルを作成する方法

Excelでピボットテーブルを作成する方法