Excelのピボットテーブルで各アイテム(レコード集計単位)毎に後ろに空行を入れる方法

シェアする

Excelのピボットテーブルで、各アイテム(レコード集計単位)毎に後ろに空行を入れることが設定で可能です。その方法を紹介したいと思います。Excel2010を使用。

Excelのピボットテーブルで各アイテム(レコード集計単位)毎に後ろに空行を入れる方法

1、作成したピボットテーブルをクリックします。※これは太字で小計が表示されている状態です。

ピボットテーブル

2、するとピボットテーブルツールが参照できる(オプションとデザイン)ので、デザイン側で空白行という項目があるので、その中のアイテムの後ろに空行を入れるを選択します。尚、削除したい場合は空行を削除を選択して下さい。

空白行

空行が表示されている場合

空行

ピボットテーブルを作成する方法

Excelでピボットテーブルを作成する方法