Excelで離れているセルの合計値を出す方法

シェアする

ExcelでオートSUMや関数で合計値を出すことができますが、セルが離れている値の合計値を出す方法を紹介します。基本操作になります。Excel2010を使用しています。

Excelで離れているセルの合計値を出す方法

※以下のようにセルが離れている場合の合計値を出します。

セル

1、合計値を入力させたいセルを選択して、ホームタブ内のオートSUMを選択します。

オートSUM

2、以下のようにSUM関数が表示されます。

オートSUM

※尚、自動入力で値が入っている場合は消してください。

合計

削除

3、上記の状態で、合計値の出したいセルを、Ctrlキーを押しながら全て選択をし、最終的にEnterキーで完了させます。

値

4、すると選択した全てのセルの合計値が表示されます。

合計値