Excelの関数でデータタイプ毎に決まった値を返す(数値=1、文字列=2、論理値=4、エラー値=16、配列=64)方法(TYPE)

シェアする

Excelの関数でデータタイプ毎に決まった値を返す(数値=1、文字列=2、論理値=4、エラー値=16、配列=64)ことができます。

Excelの関数でデータタイプ毎に決まった値を返す(数値=1、文字列=2、論理値=4、エラー値=16、配列=64)方法(TYPE)

1、例として、文字列を入力します。

関数

2、文字列なので2が返ります。

文字列