Excelの数式でVALUEやDIVのエラーが出た時にエラー修正用のエラーインジケータを出さないようにする方法

シェアする

Excelの数式でVALUEやDIVのエラーが出た時にエラー修正用のエラーインジケータを出さないようにする方法について紹介しています。ここでは、Excel2016を使用。

エラーインジケータとは以下のようなエラー修正のための項目表示のことです。

エラーインジケータ

Excelの数式でVALUEやDIVのエラーが出た時にエラー修正用のエラーインジケータを出さないようにする方法

1、ファイルタブ→オプションを選択

オプション

2、数式のエラーチェックルールの項目に、エラー結果となる数式を含むセルのチェックを外すと、#VALUEや#DIVなどのエラーに対して、エラーインジケータの表示を出さないに出来ます。

VALUE