Windows11でディスクの空きが少ない時に自動で一時ファイル等削除するをストレージセンサーを有効にする方法

Windows11でディスクの空きが少ない時に自動で一時ファイル等削除するをストレージセンサーを有効にする方法について紹介したいと思います。

Windows11でディスクの空きが少ない時に自動で一時ファイル等削除するをストレージセンサーを有効にする方法

1,スタートメニューから設定を選択します。

設定

2,システム項目から記憶域を選択します。

記憶域

3、ストレージセンサーをオンにすることで、容量を圧迫した際に自動でストレージの空きを作ったりします。

ストレージセンサー