Excelで関数に名前を使って範囲指定をする方法(名前の管理を利用する方法)

シェアする

Excelの関数に名前を使って範囲指定をする方法(名前の管理を利用する方法)を紹介します。

名前の管理とは、セルの範囲やセル自体に名前を付けることです。(環境変数のようなイメージ。)。例えば、ここではG2~I2の範囲を山口と名前を付けることが可能です。

=SUM(山口)とすると、山口さんの合計点が算出できます。

データ

Excelで関数に名前を使って範囲指定をする方法(名前の管理を利用する方法)

1、数式タブの名前の管理を指定します。

名前の管理

2、新規作成を押します。

新規作成

3、名前を付けて、この名前のルールを使用できる範囲を指定します。範囲はブック全体でなく単一シートでも可能です。あとは名前のセルの範囲を指定します。すべて入力が終わった時点でOKを選択します。

名前

4、この上のルールを使ってSUM関数を使うと以下のようになります。

合計