Excelでテーブル内の矛盾した集計列の数式がある時にエラー修正用のエラーインジケータを出さないようにする方法

シェアする

Excelのテーブル内の矛盾した集計列の数式がある時にエラー修正用のエラーインジケータを出さないようにする方法について紹介しています。ここでは、Excel2016を使用。

ここで表示される、エラーインジケータとは以下のようなエラー修正のための項目表示のことです。

エラー

※矛盾した集計列ということですが、A1をプラスして関係ない部分が集計されているのでエラーとなっています。

このエラーを出さないようにすることが可能です。

Excelでテーブル内の矛盾した集計列の数式がある時にエラー修正用のエラーインジケータを出さないようにする方法

1、ファイルタブ→オプションを選択

オプション

2、数式のエラーチェックルールの項目に、テーブル内の矛盾した集計列の数式のチェックを外すと、エラーが出なくなります。

オプション