Windowsファイアウォールに受信(通過)させたいポート番号の設定

ファイアウォールがポートをブロックしてデータの受信ができない場合があるので、ファイアウォールに受信(通過)させたいポートの指定をすることで、回避可能となる。

ファイアウォールの受信ポート設定

基本どのOSも手順は同じなので(多少画面が違うが)、Windows10を例に紹介する。

1、コントロールパネルを開く。(一応、各OS)

Windows7でコントロールパネルを開く

Windows8でコントロールパネルを開く

Windows8.1でコントロールパネルを開く

Windows10でコントロールパネルを開く

2、システムとセキュリティを選択。

システムとセキュリティ

3、Windowsファイアウォールを選択。

Windowsファイアウォール

4、詳細設定を選択。

ファイアウォール詳細設定

5、受信の規則を右クリックし、新しい規則を選択。

新しい規則

6、ポートを選択し、次へ、

ポート

7、受信させたいプロトコルやポート番号を設定し、次へ

ポート番号

8、どの範囲で規則を当てはめるか選択。基本は全部チェックでよいかと。個別にしたい方は個別に設定し、次へ

パブリック設定

8、規則名と説明を入力し、完了

規則名

9、以下のように規則が追加されたことが確認できる。

規則

参照元 ファイアウォールポート設定