Windows8.1で自分の広告識別子を使うことを許可する・しない設定

Windows8.1以降では、アプリなどを使用する際に表示される広告表示について、自分のIDでログインしている際の行動や閲覧履歴より最適な広告を表示させる機能が存在する。1つの端末で複数の人が使用する場合など、広告表示を干渉させないための設定である。ただ、これは見方を変えれば、広告会社の都合の良い機能でもある。使用者側はプライバシーの一つとしてという見方も出来ます。どちらにしても微妙な機能。気になる方は設定をする方が良い。

自分の広告識別子設定

1、デスクトップ右下にマウスを持っていくと以下のようなメニューが表示されるので、設定をクリックする。

設定

2、PC設定の変更を選択。

PC設定

3、プライバシーを選択。

プライバシー設定

4、全般を選択。

プライバシー

5、アプリ間のエクスペリエンスのために、アプリで自分の広告識別子を使うことを許可する、をオンにするとID単位での広告設定となる。オフにすると、広告識別子を使用しない。

広告設定