フレッドアップデートの対応(RSSで作られたサイトをリンク否認ツールで否認)

2017年3月10日くらいに行われた、フレッドアップデートですが、とりあえず前記事でも紹介していますが、記事数の多いWordPress(ブログ)サイトが検索数値の現象が激しいです。笑

【前記事】フレッドアップデートでアクセス減少&経過で元通り

手作りホームページは安定してアクセス戻りましたが、WordPressの老舗サイトが腐ってきました(検索数)。アクセス数は固定ユーザがいるので、まだなんとかやっていけてる状態ですね。

フレッドアップデートでアクセス減少の一途をたどる

私の運営サイトのフレッドアップデートの影響については、前記事を見てください。

で、フレッドアップデートと、WordPressの全記事更新を重ねた結果、

※2017年3月20日くらい

検索

※2017年4月3日時点

改善の兆しが一切ありません。笑。むしろ下がり続けています。

基本はいじらず放置プレイを続けようと思ってましたが、ちょっと気になることがありました。被リンク対象のサイトで、RSSから拾ってきた情報を使って、まとめ情報サイトみたいな感じで作成されたサイトが沢山存在。結構たくさんの被リンクがあったので、それをリンク否認ツールで否認してやることに決定しました。

Googleのリンク否認ツールの使用方法&例

リンク否認ツールの使用方法&例については以下を参照にして下さい。

評価の低い被リンクを否認ツールで拒否する方法

まとめ

まだ、フレッドアップデートの影響で下がり続けているので、さすがに何か要因はあるんだろうなと思っています。とりあえず、基本は放置プレイで、下がり続ける場合は、それらしい対策を1つずつやっていって、解消するのを検証していきたいと思います。

また1~2週間後にこの記事の続報は書こうかと思います。

経過記事

フレッドアップデートでのアクセス数・検索数減少が止まった(増加中)